負担から考えるがん保険に入るべき意味

負担から考えるがん保険に入るべき意味

誰もがんなどになりたいとは思いませんが、でも、なってしまうのが現実です。
いざ、がんと宣告されたときに後悔しないようにするにはどうしたら良いのでしょうか。

その一つはがん保険に加入しておくということです。
それは、がんになるとかなりの金銭的負担が必要になります。それを少しでもカバーするためにがん保険は有効なのです。

では、がんになったらどれくらいの金銭的負担があるのでしょうか。
もちろん、がんになった部位やステージがどのあたりか、などによって変わってきます。

ですが大雑把に言うと100万ぐらいの負担が必要になります。このうち、三割、四割ぐらいは高額療養費などの公的な負担でまかなってもらえます。
ですが、それ以外の部分となると、自己負担も多いのです。ですが、がん保険に入っているとかなりの部分をカバーしてくれるので安心と言えます。

がんにはなりやすい家系などもありますし、歳をとるほど罹患する可能性も高まります。
ですから、ひょっとしてがんになる可能性があると思っている人は早めに保険に入っておくことをおススメします。

一般の医療保険も併せて入っておけば、かなり安心と言えます。
保険料は無駄なような気がしますが、いざという時にはすごく役に立つものです。キレイモキャンペーン

最新記事

  • 2017年01月19日

    ホームページを更新しました。

PAGETOP